アパレルの志望動機は何を書けば良い?
アパレル派遣のススメ

アパレルの志望動機は何を書けば良い?

アパレルショップで働きたいときに、最初の難関として立ちふさがるのが履歴書の志望動機ですよね。何を書けばいいのかわからない、と適当に書く方も少なくありませんが、もしそのショップで働きたいなら志望動機はしっかり書くべき。ここでは志望動機を書く上で重要なポイントを説明します。

「志望動機」が合否を左右することも

「志望動機」が合否を左右することも

初対面の採用担当者があなたの人柄や適正を見極めるためには、「履歴書」と「面談」しかありません。とくにアパレル販売に関しては学歴はあまり重要ではなく、アパレル業界で働きたいという強い意志とコミュニケーション力が求められます。

とくに大事なのが志望動機。何十人、何百人もの履歴書を見てきている担当者には上っ面だけの動機では熱意は伝わりません。また、ただあなたにやる気がある、をアピールするだけでなく、そのショップにとって雇うメリットをイメージさせるようにアピールする必要があります。

この志望動機をしっかりアピールできてるかどうかで合否を左右することもあるのです。

アパレル販売の志望動機と言えば?

アパレル販売の志望動機と言えば 出典:https://g-w.st/

GIRLSWOMANというアルバイト情報サイトが行った、アパレル・ファッション業界の求人に応募したことのある経験者を対象としたアンケート調査によれば、「アパレル販売を志望したきっかけは?」という質問に対し、実に半数以上の回答者が「洋服が好きだから(52.9%)」と答えました。次いで「好きなブランドで働きたいから(16.2%)」「接客好きだから(12.0%)」「自分らしくいたいから(10.1%)」と続きます。

回答者によれば、過去に自身が客として販売員に親身な対応をしてもらった経験や、自分らしくいられる、好きなものに囲まれて仕事がしたい、といった動機が、アパレル販売員を目指すきっかけに繋がっているようです。

採用担当者が「おっ!」と思う志望動機のポイント

「志望動機」が合否を左右することも

では具体的に採用担当者に興味を惹かせる志望動機のポイントについて説明します。

志望動機で重要なポイントは3つあります。

  1. 希望するショップのニーズにあっているか
  2. そのショップでしか得られない経験などの理由があるか
  3. 今までの経験・スキルを活かせることがあるか

1.は、求人情報や企業情報・ショップのカラーからどんな人材を求めているかをしっかり把握し、それをクリアしていることをアピールしましょう。

2.は、他のショップではなくなぜそのショップを選んだのかをはっきり説明できると本気度をアピールできます。

3.はショップ側にどんな貢献が出来るかを具体的にすることで雇いたい、と思わせることが出来ます。

また書き方として、結論ファーストで書くことも重要です。まず最初に結論を書き、その後に理由があると、言いたいことが伝わりやすくなります。また意外にこれができてない方が多いので、これだけでも好印象を与えられます。

志望動機が苦手ならプロに相談するのも有効な手段

志望動機が苦手ならプロに相談するのも有効な手段

志望動機の例文を載せることはカンタンですし、実際にタウンワークやマイナビでも例文は載っていますが、ここではあえて載せません。なぜならあなたの言葉で語ることが重要だからです。

もしどうしても一人で思いつかなければ、就業サポートのプロである派遣会社に相談してみましょう。ヒアリングからあなたの個性や特徴をつかみとり、あなたにあったアパレルショップを提案してくれますよ。

本やネットの情報は一方的に受け取るだけであなたの個性は加味されていません。プロに相談してあなたの個性や特徴、強みを客観的に把握できるだけでも、今後の履歴書作成時に強い手助けになりますよ。

せっかくのチャンスをものにするためにも、ぜひプロに相談して仕事を掴み取ってくださいね!

信頼できるプロのいるオススメの派遣会社はこちら

ページのトップへ