アパレル業界で働くなら【派遣orバイト】?徹底比較
アパレル派遣のススメ

アパレル業界で働くなら【派遣orバイト】?徹底比較

アパレル業界で働きたい!と思った時に求人サイトを見ると、派遣とバイトの求人が目に付くと思います。時給だけ見ると派遣の方が良さそうだけど、その分大変なのでは?と不安になりますよね。
ここでは、アパレル業界で働く際に給料・仕事・働きやすさの面から、派遣とバイトを比較してみました。これから働こうと思っている方は参考にしてくださいね!

「給料」面での比較

「給料」面での比較

給料面で言えば、間違いなく「派遣」の方が稼げます。具体的には時給で300~400円は差があり、タイミングや職場によっては500円の時給差があることも。その場合1日8時間、月20日の勤務とすると、月8万円・年間96万円も多く稼げます
もちろんこれは一例ですが、扶養などで稼ぎたい金額の上限がある場合でも、バイトと比べて勤務時間を減らせるため、プライベートの時間を確保しやすいメリットもあります。

また、バイトの金銭的メリットは社割が使えることぐらいですが、派遣の多くは社割に加えて派遣会社独自の福利厚生や資格取得・学習支援制度が用意されています。

たとえばアパレル派遣なびでは、提携する美容室やネイルサロンが無料になるサービスがあります。またアパレルの仕事で役立つユーキャンの資格講座(通常3~6万円)を無料で学べるんです。

そういった理由から派遣の方が金銭的メリットが大きいといえるでしょう。

「仕事」面での比較

「仕事」面での比較

アパレルショップでは売上目標が設定されることがありますが、バイトにはそういった目標がつきづらいという点で精神的な負担は少ないでしょう。
ただし、それは戦力として考慮されていないということでもあります。つまり「バイトの仕事はここまで」と線引きされてしまうことが多く、将来的なキャリア形成やステップアップはバイトでは難しいと言えます。

一方派遣では時給が高い分売上目標が課せられることもあります。もちろんこれはノルマではなく、目標に達しなかったからと言って無理やり購入させることはありません。

売上と言うのはアパレルショップで働く上で避けては通れません。あなたの成長のためには売上を意識して働くことはとても有効ではありますが、抵抗がある場合は担当コーディネーターに相談すれば目標がないショップを提案してくれることもあるので、そこまで心配する必要はないでしょう。

「働きやすさ」での比較

「働きやすさ」での比較

働きやすさに関しては、「派遣」が優れているでしょう。その理由は大きく2つあります。

派遣では

  1. 好きな仕事や働き方を選びやすい
  2. 担当コーディネーターがサポートしてくれる

というメリットがあります。

バイトの場合、仕事は1社1社に応募して、履歴書を書いて、面接して、合否を待つ必要がありますが、派遣の場合はあなたのスキルや希望に合わせて担当するコーディネーターが仕事を見つけてきてくれるんです。
また、就業後に関しても不満や不安をしっかりサポートしてくれるので、安心して働くことができます。

もちろんバイトでもうまく人間関係を築ければ、店長や先輩、同僚に相談は出来ます。
ただし、派遣会社は何千・何万人も就労サポートをしてきたノウハウがあります。つまりあなたが抱えるであろう不安や悩みに関する相談は数え切れないぐらい受けて解決している実績があるのです。

働きやすさは、自分ひとりで改善できるものではありません。気軽に相談できるコーディネーターがいる派遣の方が働きやすい、といえるでしょう。

オススメのアパレル派遣会社5社まとめ

ページのトップへ